Site-Map 
けんしんのご案内画像
インフォーメーション画像

ホーム>ご注意事項

 ヤミ金融業者による不正な振込請求やいわゆる「振り込め詐欺」は、依然として被害を受ける人が後を絶ちません。防止のためには、お子さま、お孫さまと言って電話があった場合は、必ずご本人に再確認するか、ご家族や警察にご相談ください。
 また、キャッシュカード・通帳・お届印等の盗難に遭い、お客さまの知らないうちに預金が引き出されることや、偽造キャッシュカードによる不正な引き出しによる事件が発生しています。
 お客さまにおかれましても、そうした被害に遭われぬよう、十分ご注意ください。
●振り込め詐欺(特殊詐欺)について ●インターネットやインターネットバンキング等について ●キャッシュカード・通帳の管理・その他について
暗証番号は「生年月日」、「電話番号」および「車のナンバー」等の他人から類推されやすい番号はお避けください。類推されやすい番号をご使用の場合は、ATMで変更できますので、すみやかに変更されることをお勧めします。
(例) 生年月日の年月、生年月日の和暦の年月、生年月日の西暦の年、電話番号の下4桁、4桁すべて同じ数字、連番等

ATMでの預金のお引き出しの際に、暗証番号を後ろから盗み見られたり、他人に知られたりしないようご注意ください。

当組合職員、警察官などが店舗外や電話などで暗証番号をお尋ねすることはありません。不審な場合には、ただちに当組合のお取引店へご照会ください。
定期的に暗証番号を変更されることをお勧めします !
このページのトップへ
 ヤミ金融業者などによる法外・強引な返済請求や、身に覚えのない請求があった場合には、決して振込などを行わないようご注意ください。
義捐金詐欺の手口
東日本大震災以降増えているので、注意が必要です。
公的機関化実在しる団体、または親類などを装い、電話や直接訪問で「災害支援」を謳い文句に該当する団体とは別の個人口座にお金を振り込ませようとします。
キャッシュカード受取型詐欺の手口
全国で被害急増中!
金融機関職員を名のる例も!
警察官や金融機関職員を装って、キャッシュカードが詐欺に使われているので口座を凍結するなどと電話し、暗証番号を聞き出しカードをだまし盗ろうとします。
オレオレ詐欺の手口
被害者の約8割は60歳以上の女性です!
息子や孫になりすまして、「電話番号が変わった」という電話をして、犯人の電話番号を登録させ、後日電話をかけてお金をだまし取ろうとします。
融資保証金詐欺の手口
40代以上の男性の被害が目立っています。全体の約70%
融資勧誘のはがき、メール等を送付し、その後電話等による融資申込に対し「あなたは、借入金多数として登録があり、融資できない。しかし、保証協会費を納めてそのデータを一旦抹消すれば融資を受けることができます。これは国の制度の一つです。」などと、保証金等を名目として、現金を預金口座等に振り込ませる手口です。
  ≪被害に遭わないための注意点≫
当組合では、保証金など、いかなる名目であっても、ご融資を前提に、事前に現金をお振り込み頂くことはありません。
当組合と思われる紛らわしい名をかたって融資を持ちかけるはがき(DM)、電話(ファックス)、電子メールなどのニセ広告に注意してください。
当組合と思わせる紛らわしい名をかたって融資を持ち掛けていると疑われるはがき(DM)、電話(ファックス)、電子メールなどを受け取った場合には、当組合の本支店に確認してください。
貸金業者は、財務局長又は都道府県知事の登録を受けていますので、不審な場合は、融資の申込をする前に、正規の貸金業者かどうか確認してください。
「登録貸金業者情報検索入力ページ」(金融庁)
     http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php
「違法な金融業者に関する情報について」(金融庁)
     http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/ihou.pdf
不審に思われるような場合には、最寄の警察、財務局、都道府県の相談窓口などにご相談ください。
振り込め詐欺救済法に基づく被害等の回復について
 振り込め詐欺救済法は、預金口座等への振込みを利用して行われた詐欺等の犯罪行為により被害を受けた方の財産的被害の迅速な回復等に資することを目的としています。(預金保険機構サイト)
≪振り込め詐欺にかかる対応について≫
 ATMによる振り込め詐欺であること気づいた場合、まずは、警察に連絡してください。
 次に、以下の連絡先まで連絡下さいますようお願い申し上げます。
曜 日 対応時間 連絡先
平 日 9:00~17:00 ATM設置店舗までご連絡ください。
上記以外の時間帯 しんくみATMセンター
☎ 047(498)0151

土・日・祝日 0:00~24:00 しんくみATMセンター
☎ 047(498)0151

このページのトップへ
引出し、入金の際の現金を狙ったスリやひったくりなどにご注意ください。
犯人は「お金が落ちている」「洋服が汚れている」などと話しかけてお客さまの気をそらせたり、尾行や待ち伏せをして犯行に及んでいます。
現金の持ち歩きには十分注意し、被害にあったときは、大声で近くの人に助けを求めるか、すぐに110番しましょう。
このページのトップへ
 詐欺メール(フィッシング詐欺)とは、金融機関等を装って電子メールをお客さまに送信し、メール返信や偽装ホームページにアクセスさせ口座番号や暗証番号等のお客さまの個人情報などを不正に入手するものです。
≪お客さまへのご注意事項≫
当組合は、お客さまへ暗証番号や口座番号などをお聞きすることは一切ありません。心当たりのない電子メールを受信した場合には、暗証番号や口座番号などを入力して返信しないようご注意ください。
このページのトップへ
 「スパイウェア※」と呼ばれるプログラムがお客さまのパソコンに不正に侵入し、インターネットバンキングのパスワード等が不正に入手され、お客さまの預金が第三者に不正に振り込みされるという悪質な事件が発生しておりますので、ご注意ください。
「スパイウェア」とは、インターネットや電子メールを介して、お客さまのパソコンに侵入し、パスワード等の個人情報を第三者へ転送してしまうプログラムのことです。
≪スパイウェアの被害に遭わないために≫
心当たりの無い電子メールや添付ファイルを不用意に開いたり、不審なWebサイトへアクセスしないよう十分にご注意ください。
フリーソフトを安易にダウンロードしないよう十分にご注意ください。
スパイウェアに対応している市販のウィルス対策ソフト等をアップデートしてご利用になることをお勧めいたします。(スパイウェアの詳細や対策方法は専門のサイト等でご確認ください)
図書館やインターネットカフェ等の不特定多数の人が触れる機会のある場所に設置されているパソコンを使ってのインターネットバンキングのご利用はお控えください。
当組合のインターネットバンキングでは、ログオン時に直近3回のログオン日時が表示されます。不審なログオンが無いか、都度ご確認いただくことをお勧めします。
当組合のインターネットバンキングでは、1日当たりの振込限度額を設定することができます。振込限度額の引下げ等の見直しをお勧めします。
当組合のインターネットバンキングでは、振込取引や諸届出事項の変更等を行った場合には、お届けのアドレスへEメールを送信しています。お取引に覚えのない場合、パスワード変更手続きを行った後、下記の連絡先までご連絡下さい。
「スパイウェア」感染が疑われる場合には、速やかに当組合へご連絡下さい。お客さまのインターネットバンキングのご利用を一時停止させていただきます。
このページのトップへ
 不審なPDFファイルを添付したメールが送付される事象が発生しています。
メールに添付されたファイルを開くだけで不正なプログラムが実行され、次のような脅威の顕在化が想定されます。
入力を監視・記録するソフトウェアが入り込み、ユーザのパスワードが外部に盗聴される。
外部からパソコンをコントロールできるソフトウェアが入り込み、迷惑メールの大量配信等の迷惑行為や内部情報が漏えいする。
感染したパソコンを踏み台として、ネットワークを検索される。
≪対応方法について≫
(1)当面の対応
不審なPDFファイルは、開かれなければ不正なプログラムの脅威がないため、読まないで捨てる。PDFファイルだけではなく、他に受信した不正なメールも同さまです。
(2)ソフトウェアの更新
上記脆弱性に対応したAdobe Readerの最新バージョンへのアップデートを実施する。
Adobe社からアップデートできます。→ http://www/adobe.com/jp/
このページのトップへ
 当組合ではお客さまに対し、クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスは一切行っていませんのでご注意ください。
また、「クレジット枠○○信組」と当組合とは一切関係がなく、業務の提携等も行っておりません。
このページのトップへ
 フィッシングサイトと思料される一部地域銀行の偽ホームページが、インターネット上に開設されていることが確認されました。
今後、各地域金融機関においても同様の被害が発生し、利用者に被害が拡大する可能性が考えられます。
 つきましては、被害の拡大防止と被害発生時の適切な対応に資するため、具体的な状況等について注意喚起いたしますので承知願います

1.具体的な状況
(1) 当該偽ホームページにアクセスすると、Eメールの登録を求められるポップアップ画面が表示されるなど、フィッシングサイトと思料される動きがある。
(2) 当該偽ホームページは、グーグルなどの検索で正規の銀行名で検索した場合でも、真正の銀行の次にホームページリンクが表示されるなど、検索結果の上位に表示される。
(3) 偽サイトと疑われるドメイン
****.island-breeze.biz/
stalker-cp.com/
2.その他
被害のあった銀行においては、NTTデータが提供するフィッシングサイト閉塞サービスを活用して当該サイトの閉塞またはアクセスブロックを依頼するなどの対応をとっている。
このページのトップへ
1.新たな手口の概要
 利用者が、金融機関の正規のインターネットバンキングのサイトからログインすると、不正にポップアップ画面が表示され、
 「システムのメンテナンスや機能向上のためにお客様情報の再入力をお願いします。」
などの記載とともに
 ・第2暗証
 ・合言葉
 ・インターネット用暗証番号
などの入力フォームが表示されるもの。
2.対策
金融機関が、ログイン後あらためてID・パスワードや、乱数表などの入力をポップアップ画面での入力を求めることはない
パソコンがウイルスに感染している可能性が高いことから、ウイルス対策ソフトの導入と、最新パターンファイルを導入したウイルス対策ソフトによるウイルス検知を実施すること
このページのトップへ

【連絡先】 香川県信用組合(担当部署:総合企画部)

(平日の受付時間 9:00~17:30 電話番号 087-833-3315)

このページのトップへ