Site-Map
ホーム 預金関係 融資関係 各種サービス 手数料一覧
メニュー

ホームインターネットバンキング>PhishWallクライアント・Edge・Chrome・Firefox版について

けんしんインターネットバンキング

お知らせ

PhishWall クライアント Edge・Chrome・Firefox 版について

 PhishWallクライアントEdge・Chrome・Firefox版と関連するブラウザの拡張についてのリリース日およびインストール・更新後のEdgeサポートと拡張のインストールについてご案内いたします。
1.リリース日
  2019年5月29日
2.PhshWallクライアントの共通化
   PhishWallクライアントの共通化を行い、 1 つのインストーラーで Edge、Chrome、Firefox の 3 ブラウザをサポートいたします。従来の Firefox、Chrome 版がインストールされた環境では、 PhishWall クライアントの自動更新が適用された後、 Edge 用ブラウザの拡張をインストールしていただくことで、 Edge が追加でサポートされます。
3.インストール・更新後に表示されるEgdeサポートのお知らせについて
   PhishWallクライアント Edge・Chrome・Firefox 版を Windows 10 の環境にインストール、または、更新した後に「お知らせ: PhishWall は Microsoft Edge でもご利用できるようになりました。」という内容でバルーンを表示いたします。 1 度のみ表示します。 Windows 7、8.1 ではバルーンは表示しません。
 
4.ブラウザの拡張をインストールに関してご案内するダイヤログについて
   PhishWallクライアントのインストール・更新後、「ブラウザの拡張をインストール」のダイアログが開きます。ダイアログが開く条件は、サポートする 3 つのブラウザの中で、ブラウザがインストールされ、かつ、拡張がインストールされておらず、かつ、お客さまがインストールしないと意思表示をしていない(チェックボックスをオフにしていない)ものが一つでもあれば、拡張のインストールをご案内します。
例えば、Windows 10環境では、まだEdgeEdge拡張がインストールされておりませんので、拡張のインストールをご案内します。
Windows10に限らず、Chrome・Firefoxで拡張のインストール不足があればご案内します。拡張のインストール忘れを防止してお客さまを確実に保護すること目的としております。
5.Edge拡張について
   Edgeでの動作に必要なEdge拡張は、上記ダイアログでのご案内に従ってMicrosoft Storeから入手していただきます。
6.PhishWallクライアント配布ページのURL
  現在と同じ下記URLとなります。
  https://www.securebrain.co.jp/products/phishwall/install.html
このページのトップへ