Site-Map
預金イメージ画像
預金の種類

預金>ATM定期預金

預 金 関 係

定期性預金の概要

(令和2年2月1日適用中)
ATMでの操作手順
【現金扱い】の場合
  1.ATMお取引メニュー「お預け入れ」ボタンを押下する。
  2.通帳(※)をATMにセットする。
  3.定期預金の期間・継続方法を選択する。
  4.現金を投入する。
【振替扱い】の場合
  1.ATMお取引メニュー「定期振替」ボタンを押下する。
  2.キャッシュカードを挿入する。
  3.通帳(※)をATMにセットする。
  4.定期預金の期間・継続方法を選択する。
  5.金額を入力する。

 ※ 事前に窓口で総合口座通帳または定期預金通帳の開設が必要です。
ATM定期預金
1.商 品 名(愛称名) ・自由金利型定期預金(M型)
(愛称名:ATM定期預金)
2.販売対象 ・個人に限ります。
3.お取扱い期間 ・令和元年11月1日(金)〜2年1月31日(金)
4.預入方法
 (1)預入方法
 (2)預入金額

 (3)預入単位

・ATMによる一括預入
・10,000円以上1,000万円未満※
※ 現金扱いの場合は、1預入明細あたり100万円を限度となります。100万円以上預入金額の場合は、キャッシュカードから振替扱いとなります。
・1円単位
5. 預入期間 ・1年、2年、3年、4年、5年
・(現金扱い)総合口座通帳または定期預金通帳
・(振替扱い)キャッシュカードと総合口座通帳または定期預金通帳
・自動継続(元金継続または元利継続)の取扱いとなります。
6.適用金利
・通常上乗せ金利(店頭表示金利+0.02%)
※ キャンペーン上乗せ金利は、初回継続日までの期間適用となります。初回継続日以降は、継続日における通常上乗せ金利(店頭表示金利+0.02%)を適用いたします。
7.継続種類 ・総合口座定期預金・・・元金継続または元利金継続
・通帳式定期預金・・・継続なしまたは元利金継続
8.解約の取扱い ・解約は、口座開設店の窓口での解約となります。
9.付加できる特約事項 ・総合口座の担保定期預金とすることができます。
・預入期間2年のものは中間払利息を定期預金とする。
このページのトップへ